ハピネス通信

第3号

· ハピネス通信

【生産現場から】

▼ ヒノヒカリの収穫です

6月上旬から下旬にわたって田植えをした水稲(ヒノヒカリ)は、4か月超の生育期間を無事に終え収穫期を迎え、10月7日からコンバインによる収穫作業を行いました(表紙写真)。

収穫した籾は、25%から30%の水分を含んでいますので、自社の乾燥機で14.5%にまで乾燥させ、籾すりして玄米にし保管しています。

なお、今年から「はぴねすらいす」(商標登録申請中)の名称で、パッケージデザインも新たにして販売を行っています。

▼ イチゴの生育は順調です

9月25日に定植したイチゴは、生育床のマルチ、天井ビニル張りも済ませ順調に生育しています。

イチゴの果実はそのまま口にされるもので、育苗期間はもちろん栽培期間においても農薬・化学肥料を一切使わないで栽培しますので、安心して召し上がってください。

12月中旬頃から出荷予定です。

▼「食の熱中オンライン」で発信

10月25日(日)の午前11時から正午までの1時間、本坊農園において宮崎こばやし熱中小学校が主催した「第4回食の熱中オンライン」が開催されました。

オープニングのドローンによる同農園上空150mからの映像は、一面に水田が広がる加久藤盆地が一望でき壮観でした。

このイベントは、生産者が作った新鮮な食材を、ネットを通じて思いや魅力を語り味わってもらうものです。本坊照夫会長・千代子社長が本物の農産物づくりについて、その思いを熱く発信しました。

本坊農園では、自家製堆肥を主体に農薬・化学肥料を使わないで、米や野菜を生産・販売しています。詳細は、この通信の4ページをご覧ください。

オンラインに参加された料理研究家の山田玲子氏からは、無農薬・無化学肥料でつくる農産物に、美味しさや安心面から高く評価をしていただきました。

オンライン終了後、会場参加者・スタッフをはじめ関係者全員で新米おにぎり、お煮染めなどの料理を美味しくいただきました。

▼ 本坊農園が実践する『ハピネス農法』

植物は自らの力で自由に移動できませんので、その生長は生育場所の土壌をはじめ環境に大きく影響されます。

本坊農園では、自然の循環力を最大限に活かす農法(『ハピネス農法』)を展開しています。

土づくりのため堆肥などの有機物をはじめミネラル・木炭などを施し、農薬や化学肥料は使用していません。

こうして、土壌中の微生物を豊富にし活動を活発化させ、植物の根を元気にし光合成能力を高めることで、炭素率が高く電子量の多い米や野菜を育てています。

こうしてもたらされた「豊かな自然の恵み」は栄養価が高く、それを継続して食することで、人を元気にし幸福感をもたらすことになると信じています。

こうした一連のつながりを『ハピネス』で表現し、本坊農園の基本理念として大切にしています。

▼ 農産物の出荷状況及び今後の見込み(旬の農産物をお届けすることを基本にしています)

11月・12月は、以下のような農産物をお届けできる予定です。

<11月に出荷できる農産物>

米、オクラ、ゴーヤ、サトイモ、ゴボウ、かんしょ、ニラ、水菜、小松菜、ホウレンソウ、リーフレタス、ダイコン

<12月に出荷できる農産物>

米、サトイモ、ゴボウ、かんしょ、ニラ、水菜、小松菜、ホウレンソウ、リーフレタス、ダイコン、イチゴ

▼ お客さまの声

米や野菜を料理の素材とするなど、業務用としても使っていただいています。

本坊農園の「こだわり」をご理解いただいている方々の声を紹介します。

【A会社】

「こだわりの本物の食材を提供していただき、お客様にも喜んでいただいています。

また、お取り寄せ商品の顧客開拓にも貢献していただいています。」

【B会社】

「農薬や化学肥料を使わない米の糠は非常に貴重で、これを原料にした商品づくりを行っています。

商品の取引相手からも非常に喜ばれています。」

▼ 表紙写真

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK